号数  発行日  内容
第24号 平成28年7月20日 ・日本の介護は世界へ輸出する時代に 〜世界規範になりうる介護教育を目指すには A日本式介護の歴史
・高齢者住宅業界を取り巻く経済・社会環境の変化−介護報酬に多く依存する事業者に厳冬期到来
第23号 平成28年5月20日  ・日本の介護は世界へ輸出する時代に 〜世界規範になりうる介護教育を目指すには @マーケット状況〜
・再編を迎える高齢者住宅業界 −多角化と経営合理化で、介護人材を育成−
第22号 平成28年3月20日  ・日本の介護は世界へ輸出する時代に〜ベトナム175病院へ日本式介護研修センター着工〜
・急増する介護従事者の高齢入居者虐待〜待たれる改善策は、管理体制設備と介護人材確保〜
第21号 平成28年1月20日  ・最新の介護予防ゲームソフト -こんなレクレーション待っていました!-
・新3本の矢の一つ「介護離職ゼロ」は達成不可能
    -人材・財源不足で「地域包括ケア構想」に暗雲が-
第20号 平成27年11月20日 ・化石サンゴの塗り壁材
・在宅重視で急成長の通所介護(デイサービス)−小規模デイは来年から市町村所管に-
第19号 平成27年9月20日  ・高齢者の暮らしのサポーター 〜介護設備と建物仕様〜
・事業多角で経営改革を進める高齢者住宅事業者 −小規模事業者は、M&Aの対象に-
第18号 平成27年7月20日  ・次世代ナースコールについて
・低賃金で離職、人材不足に悩む介護業界 
  −厚労省、外国人技能実習生制度参加の方向へ-
第17号  平成27年5月20日  ・「地域包括ケアシステム」とはA −日本版CCRCが胎動−
・介護報酬引下げで、採算悪化の介護サービス業界 −活発化する戦略的M&A−
第16号
平成27年3月20日  ・平成27年度介護保険制度改定「地域包括ケアシステム」とは@
・地域包括ケアを目指す、医療・介護制度改革 −介護サービス利用者の負担増続く-
第15号   平成27年1月20日 ・高齢者住宅のお引渡しが38カ所1138室になりました
・民間救急 鎌倉紀行
・メッセージ社「在宅老人ホーム」事業を開始
第14号  平成26年11月20日 ・看取りについてA
・次回の介護報酬改定は、「在宅介護」に重点
第13号  平成26年9月20日 ・高齢者住宅での看取りとは@
・早急に必要な「地域ごと認知症ケア体制の確立」
第12号 平成26年7月20日 ・医療難民の懸念
・地域医療、介護一体改革法案の成立とその影響
第11号  平成26年5月20日 ・命を守る高機能素材「アベイラス」
・最近のM&Aに見られる見られる高齢者住業界の展望
第10号  平成26年3月20日 ・高齢者住宅のお引渡しが1000室を超えました
・在宅医療強化を目指す診療報酬4月改正
第9号  平成26年1月23日 ・海外ロングステイの現状と展望
・アジアとの連携強化を目指す介護サービス業界

第8号
 平成25年9月20日 ・運営事業者のトップインタビュー 且ミ会福祉総合研究所
・国民会議改革に対処する高齢者住宅事業者
第7号  平成25年7月20日 ・運営事業者のトップインタビュー 滑w研ココファンホールディングス
・「地域包括ケアシステム構想」に対処する高齢者住宅業界
第6号  平成25年5月20日 ・運営事業者のトップインタビュー (徳洲会グループ潟Oローバルヘルスケア)
・「サービス付き高齢者向け住宅」を軸に効率化・多角を目指す高齢者住宅業界
第5号  平成25年3月20日 ・ユーミーらいふグループのシナジー効果
・開設ラッシュ続くサービス付き高齢者向け住宅
 第4号  平成25年1月20日 ・新年のごあいさつ
・普及期を迎える「サービス付き高齢者向け住宅」
第3号  平成24年11月9日 ・日本の介護は世界へ輸出する時代に
・活発化する「海外での日本人向け介護サービス」 
・日系フィリピン人による介護
・セブ投資促進センターのご紹介
・フィリピンセブ島の持つロングステイ8つの魅力
第2号  平成24年9月17日 ・サービス付き高齢者向け住宅建設は平成26年3月引渡までが第1チャンス
・サービス付き高齢者向け住宅の時代到来
・こんなにある高齢者住宅
 創刊号  平成24年7月17日 ・ごあいさつ
・老後の住まい、サービス付き高齢者向け住宅が主役へ
・賢い老人ホーム、高齢者住宅の選び方

湘南シニア総研通信は、隔月で発行している会報です。こちらではPDF形式で公開しています。
紙面をご希望の方は、定期購読(有料)をご利用ください。